2010年01月21日

【風】「私のようにならないで」(産経新聞)

 《健康に悪いとか考えもせず、成人になれば当然のごとく喫煙するものであると思いこんでいた》

 元喫煙者だという61歳の男性からメールをいただいた。昭和43年ごろからたばこを吸い始めたといい、以来、喫煙を続けていた。転機となったのは今から9年前。《脳梗塞(こうそく)で倒れて、初めて、ことの重大性に気づいた。原因の一つは喫煙だった。後悔先に立たず、である》と禁煙を決意したという。

 前回、たばこの健康被害の例についてご紹介したが、そもそも、たばこの何が体に悪いのだろうか。

 国立保健医療科学院の吉見逸郎・たばこ政策情報室長によると、健康被害をもたらす主な原因は、ニコチン、タールと、一酸化炭素にあるという。

 「ニコチンは法律で毒物指定されているほど。タールは約4千もの化学物質からなり、このうち数十種類は発がん性が確認されています。たばこを吸うことは葉っぱを燃やすことですが、不完全燃焼が継続していて一酸化炭素を吸い込んでいるんです」

 メールをいただいた男性は、脳梗塞を患ったことで禁煙を決意したというが、大阪府立健康科学センターの中村正和・健康生活推進部長は「喫煙で脳梗塞になるのはいわば当たり前の話で、なっていない人はラッキー、と考えるべきだ」と警告する。

 中村部長によると、一酸化炭素が血管の細胞を傷つけるほか、たばこに含まれる物質が悪玉コレステロールを増やしたり酸化を促したりする。さらに、ニコチンが血小板を固まりやすくするといい、血栓ができてしまう。このため「喫煙はマルチに血管を詰まりやすくするんです」という。

 メールの男性は現在も禁煙を継続中。《嗜好(しこう)品であり自己責任の範疇(はんちゅう)であるが、喫煙は悪影響しか残さない。規制の方策の一つとして高課税は有効だ》と増税に賛成の立場。その上で、こう提案している。

 《もっと喫煙の悪影響をPRすべきだと考える。私のような者を作り出さないためにも》(真)

ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)
石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
西日本で部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)
雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)
posted by コン サダオ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。