2010年01月23日

<生物多様性年>「森は心のふるさと」C・W・ニコル氏講演(毎日新聞)

 名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が行われる今年が国連の定める「生物多様性年」に当たることから、COP10支援実行委員会は16日、市内で「国際生物多様性年オープニング記念行事」を開いた。作家のC・W・ニコル氏が「森は日本人の心のふるさと。世界に日本の森の良さを自慢してほしい」と講演した。

 「生物多様性年」は、締約国会議が10回目を迎える今年が「生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させる」とした目標年にも当たることから定められた。イギリス生まれのニコル氏は、30年前に長野県信濃町の黒姫高原の里山を買い取って移り住み、森の再生に取り組んでいる。ニコル氏は「日本は人口密度が高いのに、野生のクマが生息できることに感動した」と日本国籍を取得した理由を語り「ここ数十年で大好きな日本の自然が変わったが、それでも森を再生すると生物は戻ってきた」と自然の豊かさを訴えた。【丸山進】

【関連ニュース】
国際生物多様性年:ドイツで開幕式典
COP10:生物多様性の状態を現状以上に 政府提案へ
環境 未来へ:生物からの贈り物 微生物からプラスチック商品化
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
国際生物多様性年:開幕を祝う ドイツで式典

節分「招福巻」は普通名称 イオンが逆転勝訴(産経新聞)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
欠けた夕日 町を染める 西日本で部分日食(西日本新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相(産経新聞)
posted by コン サダオ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。